最強の鬼女様-修羅場・鬼女・キチ系まとめ-

2chの既婚女性に関する修羅場・鬼女・キチ系のストーリーをまとめています。

病院

プレイルームの隣にある子供服売り場で買い物していたら4歳くらいの男児が靴を履かないで走り回っていてうちの息子に突っ込んできた


24: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/03/15(日) 09:24:58 ID:pLioeIIm
携帯から失礼します。 
昨日デパートのプルームの隣にある子供服売り場に買い物に行ったら 
4歳位の男児がプルームから売り場を靴を履かないで走り回っていて 
店員さんも注意をしているのに両親姑男児は無視してました。 
危ないと思った瞬間1歳のうちの息子に突っ込んできて 
息子は転倒し頭から出血したので救急車で病院に運ばれました。 
そのぶつかってきキッズ家族は母親が子供抱えて逃げていったので怒りがおさまらない。

小学生の頃、髄膜炎に罹って入院した。髄液検査の時、大して痛くなくなかった。それが珍しいからか医師に新人達にも見学させたいから協力してくれと頼まれた。

189: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/12/16(月) 16:36:28.90 ID:VT/8Qw1I
じゃあグロくない軽めの修羅場を 
注射は想像するのも嫌って人は以下スルー推奨で 


小学生の頃、髄膜炎(無菌性の症状が軽いタイプ)に罹って入院した 
髄液検査というものを入院前と退院前にやることになったんだが、そのときの話 

髄液検査は脊椎に注射器刺して中の髄液を採取する検査で、大人がされてもかなり痛い検査と評判なんだが、 
いざ入院前の検査を受けると大して痛くなくて、静かに注射されてすぐに病室に歩いて帰った 
同じ病室だった年下の子は、同じ検査でギャン泣きしてたので、その病院が特別痛くないというわけではなかったはず 

で、症状も良くなって退院前の検査を受けるとき、処置室に入ったら若々しいナース服のお姉さん達と遭遇 
医師曰く、前の検査であんなに平気だった子は珍しいから、新人達に見学させて欲しいとのこと 
断れるはずもなく、そのまま検査を受けることになったんだが、検査方法のレクチャー始められてなかなか注射されない 

その間、半ケツ一歩手前まで服をまくられたまま放置される俺 
小学生男子の背中と半ケツに注目する十人くらいのお姉さん達 
それでも晒され続ける俺の半ケツ 

恥ずかしさでいっぱいっぱいで注射の痛みなんかまるで気にならず、逃げるように病室に帰ってしまった 
入院したことよりも、この羞恥プの方が遥かに修羅場だった 
あとなんか、医者に「摂り過ぎちゃったけど、いいよね?」とか聞かれたこととか

五歳の頃、夜中に兄と喧嘩をして突き飛ばされ、側頭部をテーブルの角にぶつけて出血。病院に行ったら、そこには酒に酔った当直の医師が居た…

411: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/12/04(水) 09:36:35.62 ID:UrwrTMfW
ド田舎で暮らしていた五歳の頃、夜中に兄と喧嘩をして 
突き飛ばされ側頭部がテーブルの角に当たって出血。 
頭にタオルを当てて父の車で近所の小さな病院に向かった。 
血を吸って段々重くなっていくタオルの感触に怯えつつ、父と母に支えられながら 
病院へ辿り着くとそこに居たのは酒に酔って顔が真っ赤になった当直の医者だった。 

最初に出迎えに来た看護師のお姉さんが「申し訳ありませんが只今当直の医師が急用で…」 
とそいつを隠そうとしていたが、そう言った矢先に奥の扉からワンカ持って 
フラフラ出てきたものだから両親は激怒。俺は絶望と恐怖と貧血とでその場で失神。 
翌日の朝に目を覚ますとそこは病室で、頭に包帯が巻かれており、 
体を起こして隣の診察室を覗くと医者と看護師が両親に平謝りしていた。 

怪我は大したことなくて看護師が手当てをしただけで済んだようだし、 
後で脳の検査なども受けたがそちらも異常なし。 
両親は胸を撫で下ろしていたが、俺はあの「お医者さんに助けてもらえないんだ」 
と知った時の絶望が忘れられず、しばらく人間不信になった

舌の裏を切る手術した時、予定よりも時間がかかっていて不安感じてたら、麻酔が切れてきた…

503: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/17(日) 20:38:26.41 ID:i+jl1Wsq
ちょいグロ。 

自分は舌の裏を切る手術した時。予定よりも時間がかかっていて不安感じてたら、やはり麻酔が切れてきたのか次第に切ったり縫われている痛みを感じ始めたのが恐怖だった。 
麻酔が切れてるんじゃ…?と訴えたかったが顔は布をかけられ表情で伝えられない、舌はフック貫通で吊られてベローンと伸ばしてるから喋れない。 
早く終われ~!!と一人脂汗かいてた。何とか激痛を感じる前に手術は終わったがフラフラになった。

中学生の時局所麻酔で手の手術をすることになったが、麻酔が効く前に切られた。

489: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/17(日) 12:29:34.02 ID:QlxB9xPL
中学生の時局所麻酔で手の手術をすることになったが、麻酔が効く前に切られた。 
大人になってから局所麻酔で黒子の切除をすることになったが、麻酔が効く前に切られた。 
黒子の切除の方は皮膚の表面だからかぎりぎり耐えられる痛さだったけど、手の方は体が勝手に暴れそうになるほど痛かった。 
飛び上がりそうになった瞬間看護師に二人掛かりで押さえ付けられるし。 
こいつらわかってやってんのか…!大人なんかみんな敵だ…!と、ちょうど中二病だったので浸ってやり過ごした(泣きながら)。 
今度から麻酔を受けるようなことがあれば麻酔が効きにくい体質みたいです、って申告しなきゃなって思う。

地元にあるA総合病院がやばすぎた。搬送先が無い等やむを得ない事情がある患者さん以外はほとんど寄り付かない、そんな病院。

853: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/25(土) 09:24:50.51 ID:WpHbxgWO
地元にあるA総合病院との一連の修羅場。長いので2つに分けます、申し訳ない。 

中学生の時、ちょっとした段差につまずいてコケたことがある。 
その拍子にひねったのか、やたらと右足の甲が痛くて仕方なかったんだが、あいにく日曜日だったので近所の整形外科医院はどこも休診。 
でも翌日まで我慢できそうな痛みではなかったので、親に頼んで、救急指定されていたA病院へと連れて行ってもらった。 
レントゲンを撮ったり触診されたりした挙句に出された診断は「軽い捻挫ですね。湿布を貼っておけば遅くとも1週間程で治りますよ」。 
親には「たかが軽い捻挫で大袈裟に騒ぎすぎだろw」と散々pgrされつつ、素直に湿布を貼った…が、一向に痛みが引かない。 
1週間経ち、半月経ち、1ヶ月近く経ってもまだ痛かったので流石に不審に思い、今度は別の病院へ行ってみたところ、 
「痛いはずです。亀裂骨折していますよ」 
マジで開いた口が塞がらなかった。 

数年後の夏、今度は父が交通事故に遭った。 
その時もA病院に救急車で搬送されて「右膝の粉砕(?)骨折」という診断が下された。 
以前の事もあり心配していたんだが、案の定。 
・痛みに呻く父に応急処置をしただけで一昼夜放置。 
・翌日の午後になってようやく手術する事になったが、開始予定時刻になっても医者はもちろん看護師も来ない。手術の事前説明にすら来ない。 
・予定時刻を大幅に過ぎてから開始された手術は無事終了。 
 が、暑さによる発汗に加えて痛みによる脂汗もあったのに、傷口の消毒・ガーゼ交換が3日に1度ペースでしか来ない。 
 痛さと痒さで父は疲弊しまくっており、退院予定日を数日前倒しにして逃げるように退院してきた。

コンビニに行って気付いたら病院に居て、さらに3日経過してたことが修羅場だった

726: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/12/30(月) 10:15:55.45 ID:Bk54Dpq5
コンビニに行って気付いたら病院に居て 
さらに3日経過してたことが修羅場だった

中校生の子供が腹痛と嘔吐と下痢で具合が悪いと言い出したので、病院に連れてって点滴を始めた。そしたら、隣に意識不明の男性が運ばれてきた。

259: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/07/10(水) 22:27:19.93 ID:CxMWKjbY
整形で盛り上がってるところおじゃまします。 
修羅場に遭遇した何年か前の話をひとつ 

夕飯も終わってダラダラしていたら 
中校生の子供が腹痛と嘔吐と下痢で具合が悪いと言い出した。 
出るもんが出れば大丈夫だろうと様子をみていたが、 
良くなりそうもないので総合病院の救急外来を受診。 

他の患者が居なかったので直ぐ診てもらえ、 
取りあえず点滴一本で様子をみてダメだったら入院ねと 
診察室の隅のベッドで点滴を始めた。 
しばらくすると痛みも落ち着いたらしく子供は寝てしまった。 
おっ、これなら入院しないで帰れるかなと思った矢先、救急車が入ってきた。 
静まり返った部屋が急に慌しくなり緊張が走る。 

患者は40歳代の男性で、車の中で女性と話をしている最中、急に様子がおかしくなったそう。 
意識不明のうえ失、呼びかけに応答無しなのに何故か体を動かしているとか。 
付き添いの女性が泣きながら訴えてる中、医者は冷静に対処してた。 
カーテン一枚なので、顔は見えないけど良く聞こえる。 

このあたりで子供の点滴が終わり、看護師さんを呼ぶも 
「点滴かえますねー」 
あれ?  
そうよね、あっちは大変だし、こっちはもう一本いっとくかーの流れなのかな。 

更にカーテン越しに会話が聞こえてくる。 
「失礼ですけどご家族の方ですか?」 
「あの、会社の同僚です、、、、」  
あれやこれや話が続く。

従妹が子宮頚ガン検査で病院に行った時、妊娠が発覚した!

39: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/06/28(金) 01:22:46.11 ID:i13Ztym6
従妹の修羅場 

子宮頚ガン検査に行って検査したら医者に「あれ?妊娠してますよ」と言われパニックになり 
医者の襟首捕まえて「誰!?誰の子よ!?」とガクガク揺さぶり、看護婦さんに「落ち着いて、落ち着いて下さいね~」と羽交い締めにされてベッドに連行 
パニックはまだ続き、「これは夢だ!!だって痛くない!!」と自分の顔を叩いたりつねったりして 
再び看護婦さんに「は~い、○○さん現実ですよ~。落ち着いて~」と拘束された 
生理不順で10年振りの妊娠に5ヶ月まで気が付かなかった 

もうすぐ生まれるので楽しみだ

出産の時に難産で、子供の命が危なくなり、麻酔が使えない状態で帝王切開になった

856: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/10/01(月) 03:47:26.55 ID:fNvE08Tf
痛い話スレが消失してたので投下 
この時代に麻酔なしでハラキリされた 

出産の時に難産で、子供の命が危なくなり、麻酔が使えない状態になった 
母体も意識が朦朧としてたので、先生の説明をちゃんと聞きとれなかった 

「帝王切開に・・」は聞こえたので、やっと終わると安堵して快諾 
なぜか涙目で「ごめんなさいね」と謝る先生 
どこから湧いてきたのか多数の看護師さんが現れ、私の両手両足肩を押さえる 
遠くから聞こえる旦那さんの悲鳴と絶叫 
その後「チクッ」が激痛に変わり、視界のものの輪郭が薄れ 
「では子宮に・・」と遠くの方で聞こえた後、 
この世のものとは思えない激痛が走り 
頭にボールがぶつかった時みたいに青白い☆がいっぱい見えて気絶した 

気絶するも痛すぎて起きる、その後痛みで気絶、その後痛くて起きるを繰り返し、最終的には気絶 

個人的感想は、表皮の痛みは通常の切り傷の切った部分の面積に比例する感じで 
内臓ってか子宮切られた時は本当に本当に痛くてこの世の地獄を見た 

麻酔なし帝王切開と病室の外で聞かされた旦那さんは 
発狂して手術室のドアを叩き続けて両手骨折 
車を運転して病院に向かっていた私の実母は、連絡を受けてパニクり 
真っ直ぐな国道を走っていたのに道路沿いの民家のモルタルの塀に垂直に突っ込み大破 
家族全員入院する羽目になり、かなり修羅場だった 

旦那さんは両手・実母は右手骨折でサポートメンバーに頼れなくなり 
家事全般から全面的に甘えるつもりだったので、退院後も辛かった 

手術室のドアを叫びながら叩き続けた旦那さんの名誉の為に書いておくと、 
通常は決してDQNではなく、一生怒らないような温和な人です

最新記事
最新コメント
アクセスランキング ブログパーツ
QRコード
QRコード
スポンサーリンク